FC2ブログ
山ちゃんの釣活日誌
ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。
ベイトを喰らう。
 


某新聞の釣り情報に、関門でのイワシの釣果情報が出てましたので、そのイワシを狙うフィシュイーターを、狙ってみることに。

 前夜、イワシを模したジグミノーなど選び。メタルジグも用意。

 次の日の朝。5月12日 午前6時 下関市西山埠頭に行ってみました。釣り場に着くと、すでに10数人の釣り師が竿を出されてます。

20190518.jpg

餌釣り師の方を伺うと、釣果はサヨリ。どうやら皆さんサヨリ狙いみたいで。

イワシは釣れてますか?と聞いてみると。

サヨリ釣り師・・・・「1週間前は釣れてたよ」

嫌な予感的中

釣場の移動も考えましたが、餌釣り師から離れた場所で、とりあえず竿を振ってみることに。

先ずは、40グラムのジグで、沖からシャクってきますが、反応無し。

しばらくすると、目の前で、西流れの潮流と東流れの潮流が、ぶつかり。その中をジグを回収してると。

201905181.jpg

たまたまかもと、リリースしますが、重症みたいで、浮いたまま流されていきました。

次の回収でも、

201905182.jpg

リリースも無理みたいなので、キープすることに。

目の前では、たまにサヨリが何かに、追われてるみたいで、水面上まで浮いてきます。

その正体が知りたく

超早巻きで表層を泳ぐ、ジャクソン ピンテールEZに替えるも、サヨリが掛かるのみ。

201905183.jpg


サヨリを数匹追加し、午前8時納竿。

ルアーに引っかかり、殺めたサヨリを、有り難く美味しく頂ました。

201905184.jpg

ブログランキングお願いします↓

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

おすすめ ミノー、シンペン、ジグミノー

アマゾン Jackson(ジャクソン) ミノー ピンテール EZ ルアー
主な対応魚種:シーバス
• タイプ:スーパーシンキング
• サイズ:90mm/重量:28g
•カラー:アカハライワシ SRI
•フック:ST-56#4






スミス スーパーサージャー 10cm 32g  スーパー サージャー 10cm
スーパーサージャーは近年注目されているブリ・メジロのナブラ打ちに実績のあったサージャーの低重心ウェイトの重さをコントロールし、従来のフォーリングバイブレーションを意図的に半減させ、高速安定性と飛距離アップを図り、単純なただ引きでも確実な釣果アップを果たすために設計した進化版サージャーです。  フックアイは従来よりも一回り大きく、#6のスプリットリングも装着可能。これにより#1/0のフックも取り付けできます。もちろんサージャー同様、シイラやカツオ、メジにも威力は絶大です。  リーリング速度の目安はロッドをやや立て気味にして、水面直下5〜7cmをトレースするのが最も効果的で、時々、意図的にプラグが水面上に飛び出すようにするとさらに効果が倍増します。



JUMPRIZE(ジャンプライズ) シンキングペンシル ぶっ飛び君



ダイワ ソルティガ オーバーゼアー 80S
80S タイプ シンキング サイズ(mm) 80 標準自重(g) 34 フック仕様 ST56#2 トレブル×1
「あの向こうへ、あのナブラへ」強風下でもターゲットに届く、超遠投ヘビーシンキングペンシル ミノーでは届かない、ジグではアクションやシルエットがナチュラルでない、そういったシチュエーションに最適なヘビーウエイトジグミノー(シンキングペンシル)。スロー~ミディアムリトリーブでは、ヒラヒラとテールを左右に振り逃げ惑うベイトフィッシュを演出。また、フォールにおいてローリングアクションを発生し、弱ったベイトをイミテート。 ※掲載している商品の画像は代表画像を表示しています。また実物と色が違って見える場合があります。あらかじめご了承下さい。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

角島沖 根魚五目
5月5日、 T先輩のチャーターした静丸(長門市 久津漁港)で、根魚釣りに行ってきました。
午前5時半、顔の知れたメンバー7人と船長の計8人。対岸、下関市の粟野漁港を出港しました。
その日の予報は、波高1メートル、海上の風速は3~5メーター、凪の予報。
角島大橋を横目に、角島沖を目指します。
20190506.jpg
今回T先輩に甘えて、仕掛けも用意してもらい。
午前6時、角島が良く見える、水深50メーター地点で釣り開始。
仕掛け T先輩自作のハリス10号の胴つき3本針
錘 100号
201905062.jpg
餌は、ミミイカ、刺身用イワシ
201905061.jpg
最初のポイントでは、周囲は、アタリ無しで角島沖に移動します.。
角島沖に移動中、.大規模の鳥山が、静丸の船長は「そんなの関係なく」、目をくれず鳥山を蹴散らす様に、突っ切ります。
次のポイントでは、ファーストヒットは、沖カサゴ
201905063.jpg
角島沖では、大潮ともあって、潮もはやく、風も重なり仕掛けが流され、釣りにくい状態。
静丸は、漁礁をピンポイントでまわり。
潮の効いて無いポイントでは、レンコ鯛のアタリが、
201905064.jpg
仕掛けが、バーチカルに入る時に、ヒットが連続しますが、昼からは、釣りにくい状態が続き
1時間延長で、午後3時前納竿。
釣果 沖カサゴ 4匹 アヤメカサゴ 3匹 レンコダイ 5匹 (小型アコウなどリリース)
201905065.jpg
GWの締めくくりの釣りは、船中イチの貧釣果でしたが、釣り日和で楽しく釣りができました。
ブログランキング参加してます。ぽちっと↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
アマゾン
伊勢藤 ソフトタブ ワイド ピンク I-563-1
クリックでショップページに↑
船上での釣れた魚の血抜き用のバケツに
本体サイズ:折りたたみ時/約幅60×奥行40×高さ10cm、組み立て時/約幅60×奥行40×高さ24.6cm
•素材・材質:熱可塑性エラストマー、ポリプロピレン
•生産国:日本
• 容量:約23L


Yahoo!ショッピング
ソフトタブ ワイド 「I-563-1」
クリックでショップページへ↑
やわらか素材でできたバケツのソフトタブのワイドタイプです。
使用後は折りたたんでコンパクトに収納できます。
ペットバスに、大きな野菜や果物を洗うのに、お子様の水遊びに、洗濯カゴ、つけ置き洗いに。
水切りもラクラク!便利な水抜き栓付き。
滑りにくいエラストマーの取手。底面には滑り止め付き。
かさばりがちな大きなたらいが、おしゃれで、コンパクトに収納できます!
※本製品は日本製です。
■仕様
[サイズ]
(約)幅60×奥行40×高さ24.6cm
折りたたみ時高さ(約)10cm
[容量]
(約)23L
[耐熱・耐冷温度]
100℃/-20℃
[素材・材質]
枠・底:ポリプロピレン
本体:熱可塑性エラストマー
[生産国]
日本

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

長門市 甲イカ エギング
5月2日 元号が変わりましての初釣りは、エギング。

午前4時半、長門市有名ポイントで、まずはアオリイカ狙いのエギング。1等立ち位置には先行者があり、少し離れた所で、30分位シャクリましたが、反応無しなので移動。

午前5時過ぎ次のポイントへ、ここも先行者あり

先行者の年輩の方に 「少し離れた所でエギングして良いですか?」と了解を得ようとすると
こっちが釣れるから、そばでしていいですよと・・・お言葉に甘えて。

午前5時30分、昨日は天候が悪くて拝めませんでした、令和時代になって初のご来光。

20190502.jpg

日の出からしばらくは、アオリを狙いますが、南東の風(向かい風)で、飛距離もでません。

午前7時位、向かい風で釣りにならないと、先行者の年輩の方が帰られると同時に常連の、コウイカ狙いのアングラーが
私を含めて、3人並び(私は隅)エギングを初めると直ぐ、ぴたっと風が止みました。

すると、真ん中の常連さんに、コウイカ。

その光景を目にし、辺りもすっかり明るくなったので、アオリは諦めコウイカ狙いに。

ボトム中心に、シャクリますが、直ぐお気に入りのエギをロスト

その間にも、真ん中の常連さん、連続ヒット。

常連さん 「ポイントのエギボンバーのオレンジがいいよ」・・・「4号」・・・「とられても168円」・・・と言われているのを小耳に挟み

私のエギケースに・・・


あります エギボンバーのオレンジ、3,5号ですが。

手持ちのエギボンバーに
ナス型シンカー1号を1個追加し、これで重さはOKでしょう釣れる気満々で釣り再開

すると1投目、ティップにもぞっとしたアタリが出たあと、重量感が

きましたよと、あわせる事も無く、コウイカの微妙な引きを楽しみながら回収してると、フッと軽くなります。

バラシ

気を取り直してキャスト。

ボトムをとり、控えめな2段シャクリしステイ、するとティップに重量感が、今度は、ビシッとアワセを決めます。
が・・・


根掛かり

唯一の、エギボンバーをロストする訳にはいきません。慎重に根掛かりを外そうとしてましたが

「プチッ」

エギボンバーをロスト、おまけに、リーダーも飛んでかなり凹みます。

ゴールデンタイムに、イライラの頂点、ノット組しますが、焦って上手くいかず、時間がかかり。

その合間にも、真ん中の常連さん1パイ追加。

何とか、ノットを組みなおし、釣り再開

さてエギをどうする?オレンジ系のエギの中から、

ヤマシタ エギ王Q LIVE ベーシック オレンジ/虹テープをチョイス。

エギのロスト2個で、なんとなく根掛かりし易い筋、ボトムでのショートの多段シャクリがNGだと判ります。

潮目近づき、釣れそうな予感

エギをキャスト、底をとり、かなり大きい1段スラッグジャークをして、フォール・・・ステイ。

すると、ティップに小さい、アタリ。

ビシッとアワセも決まり、コウイカの微妙の引きを楽しみ、ネットIN。

8時半1パイ目,令和初釣果

201905022.jpg

しばらくすると、鏡の様な海に、アタリも遠のき、

午前10時頃、再び、潮目がそのタイミングで2ハイ追加

201905021.jpg

201905023.jpg

午前11時前、今度は南西の風が強まり潮と同調、釣り辛くなりますが、午前11時過ぎ風も止み、エギがナチュラルに潮に絡むと

3連発

201905024.jpg

201905025.jpg

余裕もでて、オレンジ系以外のエギを試しましたが、反応があるのはオレンジのみ

午前11時半、釣果無いエギングアングラーに、立ち位置を譲り、納竿。

釣果 松葉イカ 300~450グラム 6パイ

201905026.jpg

こちらポチッとお願いします↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

【5月2〜4日プレミアム会員エントリ19倍】タカミヤ エギボンバー 夜光 3.5号 オレンジ(東日本店)
タカミヤ 【仕様】●エギングで釣果実績が高く、フォール中のエギが確認しやすいカラーを選定! ●ナイトエギングでアピール力が強く、実績の高い夜光ボディー仕様。 ●ウエイト調整をする糸鉛が巻きやすいシンカー形状。 [環境美化協力商品] ●カラー:オレンジ ●サイズ:3.5号 ●全長:130mm ●自重:21.4g ●釣り方、フィールド:エギング(餌木) ●代表対象魚:アオリイカ|掛かればがっちり逃がさない独自の全傘二段仕様。消耗品としてのエギには嬉しいお手頃価格。【


ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 Q LIVE ベーシック 20g 3.5号 ラメ/オレンジ/夜光虹ボディ
■ヤマシタ独自の蓄熱ウォームジャケットを採用し、かつてない生命感(ライブ感)を実現。レスポンス抜群の「プログレッシブダート」で魅せ、「ウォームジャケット」で抱かせる「エギ王」のニュースタンダードです。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

見島近海ジギング



4月21日 T先輩のチャーターしていた船を、ジギング仕立て船にしてもらい

奈古港出港の真祐丸さんにお世話になり

約9ヶ月ぶりのオフショア釣行

前夜はワクワクして睡眠もとれません

海上保安部のウェブサイトの発表では、午前3時の見島北側灯台の波高は2メートル。

その旨をT先輩が船長に、伝えますが船長は、「見島は凪だよ」という事で、

午前5時、仲間内5人、私と船長の7人で、見島へ出発。

移動時間は1時間30分、その間は、心地良い揺れの中、キャビン内で仮眠。

午前6時10分頃、船のエンジンの回転音が落ちると共に、キャビンから出て釣りの準備にとりかかり。

午前6時30分まえ釣り場に到着。(見島北東側と思われます)

201904231.jpg

風速5メーター位ありますが、船長の経験通り凪。

魚探に反応のあるポイントをまわります。コツを掴んでる、GさんとCさんに連続ハマチヒット、キャッチ、1時間半経ちますが、他の4人には、アタリも無し。午前10時になると釣れると、船長に励ましてもらい、ジギります。

午前10時前の移動中、大規模の鳥山を発見。

鳥山に接近すると思いきや、鳥山から外れた、風上に船を着け

「船長」・・はいヤって下さい

それからは・・

初ヒットは、ハマチ

201904232.jpg

次は、真鯛

201904233.jpg

それからは、船内はお祭り騒ぎ、タモ掬いも間に合わず、お祭りも発生。

6人中、5人の私以外は、電動ジギング。

201904235.jpg


私の手巻きタックルでは、ランディングまで時間が掛かります。

電動ジギング5人の真ん中に位置した釣り座の私

お祭りも発生で、少し気を使い出した頃。

午前10時30分、がっんと・・ドラグも出て、チョツト手ごたえ有りです。

思ったより長く、船中今日イチの90センチの痩せヒラソ

5キロ位と思われます。

201904234.jpg

それからも、ハマチ、ヒラゴを追加しますが。

正午位から、潮風揃いアタリも遠のき、

スローでアタリが1回あったのみ

午後2時納竿。

釣果、ヒラソ4匹 ハマチ6匹 真鯛1匹 (メジャーをあてるのを忘れました、下敷きシートの幅90センチ)

201904230.jpg

久し振りのオフショア釣行、仲間とワイワイと、入れ食いと、楽しむ事ができました。

スピニングタックル
竿     シマノ グラップラーS604  
リール  シマノ  ツインパワー6000PG
ライン   シマノ PE3号
リーダー  サンライン ナイロン40ポンド
ジグ    ランブルベイト 間八ハオリ 170グラム マグマホロシルバー (船中の方殆ど間八ハオリを使用)

スロータックル
竿     アブガルシア SLC-70/250KR LFJ
リール   ダイワ ソルティガ10HL
ライン   ゴーセン PE2号
リーダー  シーガー8号
ジグ    ダミキジャパン 闘魂ジグバックドロップ160グラム

ランキング挑戦してます↓クリック
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 15 ツインパワーSW 6000PG

容赦なく打ち付ける水飛沫と荒波の衝撃、暴力的な魚の引き。過酷なソルトゲームを戦い抜くには、海水の浸入を許さない堅いガードとどんな状況にもへこたれない圧倒的なパワーが必要です。NEWツインパワーSWは、数々の伝説を打ち立てたステラSWの構造を随所に採用し、独自のテクノロジーとの融合を果たした先鋭のアイテム。「力」にこだわり、何よりも強さを優先した堅牢なボディはどこまでもタフ、パワーロスを極限まで排除した巻き上げ力は圧巻の一言。アングラーの本気を100%サポートし、問答無用のパワーとタフネスでソルトゲームを制します。



ダイワ(Daiwa) ベイトリール 15 ソルティガ 10HL

左ハンドル マグシールドボールベアリング搭載、大型魚に余裕で対応する堅牢ジギングベイトリール。耐久性の高さで人気を博した「ソルティガZ」から数えること13年、満を持して待望の後継機が登場。精密でパワフルなオールマシンカットアルミボディ、ピニオン部にはマグシールドボールベアリングを搭載し、メインギヤにはハイパーデジギヤを採用して耐久性がさらに向上。オフショアジギングでありとあらゆるターゲットを相手に使い倒せるタフマシン、これぞ「ソルティガ」。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

SLJジグを手にとってみた


 来週は、オフショアでのジギングの予定。ジギングの合間にタイラバもするかも・・と言うことで、その時を見計らってスーパーライトジギング(SLJ)をやってみようと、SLJ用ジグを用意しました。

201904140.jpg


ダイワ(DAIWA) メタルジグ TGベイト SLJ 60g FPHグリーンゴールド
画像クリックで販売フォームへ↓


もう1つは メジャークラフト ジグパラTG 60グラム
201904142.jpg

青字・画像クリックで、ショップへ↓
メジャークラフト ルアー メタルジグ タングステン ジグパラ 10~60グラム


Major Craft/メジャークラフトJigpara TG/ジグパラ タングステン◆Weight:14g◆Hook:フロントシングル&リアルトレブルフック★ショアジグでぶっ飛ぶもよし、 オフショアでマイクロジギングもよし。【action】 いわゆる「ショート」の普遍的オールマイティアクション。【塗装】 ショアジギモデルで大好評だった5層高強度塗装を採用。スーパーライトゲーム用でも抜かりなく本気仕様。【hook】 こだわりゲイプで刺さり抜群のオリジナルフック。全てのサイズにフックを標準搭載し、開封後すぐに使用可能。10-32gはフロントシングル&リアトレブルフック仕様。40-60gはフロントダブルフック仕様。

タングステン素材で、高比重。手に取ると大きさは、鉛製の30グラムジグ位。同じ60グラムの鉛製ジグと比べると
201904145.jpg
かなり小さく。カタクチイワシなどのベイトにマッチしそうです。

久し振りのオフショアジギング、海況が良く釣行できれば、隙を狙ってスーパーライトジギングをやってみようと思います。

ブログランキング ぽちっとクリック願いします↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用