FC2ブログ
山ちゃんの釣活日誌
ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。
親イカは釣らないよ!


3月の末から昨日まで、大分市に出張に行ってきました。その期間の釣行記。

出張中の日曜日は休息日という事で。

ゆっくり温泉に入り行きたい所ですが、コロナ蔓延中の自粛ムード。

車にはエギングセットを積んでましたので、人を避けて、エギングをしてみる事に。

4月5日、当日の天気予報では、北西の強風の予報、エギングは無理そうです。

大分市内から、20キロの距離、車で40分の佐賀関半島の南側には、風裏があるのではと釣行を敢行しました。

事前に調べましたポイントは、北・北西側、なので通り過ぎ。迷わず南側を目指し。

幹線道路沿の目にとまった地磯で車を止め。

午前6時18分、風がうねってますが竿を振ることに。

202004162.jpg

場所は良さそうなのですが、風裏と言えども、かなりの風速で、ラインが風を受け、餌木も沈んでるか、判らない状態に。

移動することに。

更に風の影響を受けない所を探して、釣りを再開.しました。

20200416.jpg

南東方向に、キャストすれば、何とか釣りが出来る状態なので、餌木をローテーションし、1時間位頑張ってみましたが、ノーヒット。

この日は納竿に(涙)

4月12日 リベンジを企てますが、予報は、北よりの強風・・プラス降雨(涙)

懲りずに、風裏を求めて、佐賀関方面へ。

先ずは、メジャーポイントらしい、佐賀関診療所裏に、

アジングをされてる方がいましたが、強い風にほぼ足元での釣りになってます。

竿を出すか迷いましたが、ここは我慢。

風裏を探して、ポイントを転々としますが、竿を出せない状態で、

街道沿いの、お地蔵様があるポイントが目に付き、お地蔵さまに御参りし、ポイントに入らせてもらいました。

202004165.jpg

沖は、風の影響を受けて波が立ってますが、沿岸部は、潮目も見る事が出来る状態です。

202004164.jpg

釣れそうなので、頑張ってキャストしますが、ノーヒット

しばらくすると、地元のアングラーが、磯へ下りてこられました。

佐賀関半島は、4月~秋くらいまでは、アオリイカ釣りは、自粛期間の様で

地元アングラー・・・「こっちでは産卵前の親イカは釣らないよ」 など・・・

佐賀関では、2月頃がハイシーズン。500~800グラムのアオリイカを狙うのが人気みたいで。

色々情報交換。

しばらくダベリングし、地元アングラーは帰って行った所で、

一気に気持ちが萎え、納竿。

今回の釣行。

地元アングラーの一言「親イカは釣らないよ」 水産資源保護の観点から御もっともの一言が、身に染み渡りました。

中国地方釣行記ブログランキングに参加してます。応援お願いします。↓画像ポチッとクリック↓
にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村


色文字、画像クリックで、商品詳細へ
アブガルシア ソルティスタイル カラーズ STCS-805MT-SR (ソウルレッド) (スピニング 5ピース)




ダイワ(DAIWA) リール 19 エメラルダス LT 2500S-H-DH




小継玉の柄 BLUE LARCAL 550&第一精工 オートキングギャフ S セット


 ↓簡易マスクが買えると噂のショップ↓



中国地方釣行記ランキング

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

大潮で激流の関門海峡メバリング。


3連休、初日は強風の為、釣り出来ズ。3連休中日の2月23日、日中は昨日と同じく強風でしたが、予報では、日没後は風が止むみたいで、釣行してきました。

この時期の夜釣り、アジングにするかメバリングにするか迷いましたが、メバリングをする事に

場所は、いつもの、下関市唐戸市場横。

が・・・・この日の暦は、大潮 関門海峡の潮流は激流となります。

いつもなら、干満の差が少ない、小潮、長潮、若潮に、絞ってメバリング釣行しますが、

大潮での海峡メバリング、初めてで、釣りになるのか?

(因みに、大潮では海峡の潮速は、MAX9~10ノット、干満の少ない日で、MAX4~5ノットです。)

18時30分頃ポイント到着。潮止まりは19時前後。慌てて支度し釣り開始です。

釣り開始時刻はまだ西風も強く、ファーストキャストは潮流を感じます。

タックルは

( 竿 ) ダイワ 月下美人 70UL-S
(リール) ダイワ 17エクセラー 2004
(ライン) ダイワ 月下美人ライン TYPE−ナイロン 3.5lb
(ジグヘッド) オーナー メバル弾丸 夜光 3g 

西風の影響もあり、東方向にキャストし狙う事に。

2投目 心地良いアタリ

202002241.jpg

サイズは17センチ位、素早くリリースし、攻め方を調整しサイズアップを狙います。

日没後、風も止み。釣り易くなり。

3投目 緩めのドラグが滑り、サイズアップ

202002243.jpg

嬉しい赤メバル,サイズは、22センチ位
202002242.jpg

それから、パタパタと釣れますが、

202002244.jpg

しばらくすると、西流れを感じ、釣り辛くなり、アタリも散発になります。

202002246.jpg

更に時間が経つと、メバリングが成立しない流速となり。20時30分小休止。

冷えた体を温める為、唐戸の飲み屋街で、ラーメンを頂きます。温まり、腹を満たしますが、

次の潮止まりは、午前0時ころ、まだ時間があり。

次の潮止まりまでの時間潰しは、下関では有名な鯵サビキ釣り1等ポイントでアジング。

港湾部で潮流の影響を受けないのですが、サビキ釣り以外の人は見た事がありません。水深も有り、アジングが成立するのか?

2時間位頑張りますが、久し振りのアジングで、1ヒット1ポロリンちょ(涙)ムキになりましたがキャッチ出来ず

少し休憩後、23時過ぎ、再び唐戸市場横へ移動。

潮止まり前と思い、メバリングを再開しますが既に反流の東流れを感じます。

流れも緩やかで釣り易くかなりの数をつりますが。

202002247.jpg


メバルのサイズアップも望めず。家族分確保していたので、やってみたかった関門ロックフィッシュ釣りに挑戦。

本格的なタックルは持って無いので、エギングロッドに、2500番リール PE0.8号にリーダー3.5号 リグはテキサスシンカー1オンス にロックマックス4インチ。おそらくアコウが掛かればば獲れないでしょうが・・・

根が荒い、潮流が速いという事で、着底からのリトリーブ(巻き)のアクションで攻めるので、ロックマックスをチョイス

チャレンジ1投目、目の前30メートル先にキャストしますが、潮に流され遥か潮下で着底。直ぐに回収し、2投目からは、潮上にキャストし着底を待つと、何とか目の前で着底、釣りになりそうです。

数投目。着底からのリトリーブに、ショートバイト。フッlキングまで至らず。

再びフォールすると、ゴっンとアタリ

格好付けて、プロバスプロ並みに、鬼アワセしてリールを巻こうとしますが・・・

巻けません

無駄な動作の間に、根に張り付かれたみたい

潮下に移動し、竿先で魚信を感じると、どうやら根から出たみたいで、ここぞとばかりにゴリ巻き

獲物は

2020022411.jpg

関門アラカブで、4インチのロックマックスをまる飲み。

2020022410.jpg

更なる獲物の追加を狙いますが、潮流は速くなる一方で、先程と同じ方向を攻め、着底を感じ様としますが、既に根掛かりという事を繰り返し、心が折れ納竿としました。

釣果 メバル15~22センチ多数 (キープ3匹 他リリース) アラカブ30センチ1匹

2020022412.jpg

中国地方釣行記に参加してます。画像↓ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村


中国地方釣行記ランキング





ヤフーショッピングには、現在約2,655,915件の商品をご用意しています。Yahoo!ショッピングでは釣り竿セット、ロッド、釣り竿といった人気ジャンルの商品の品ぞろえはもちろん、人気ブランド・シリーズや人気メーカーの商品を取りそろえています。またランキングの情報も充実!他にもアウトドア、キャンプ、登山やカヌー、カヤック、ボート等の商品も満載。この色文字クリックで釣りジャンルへ

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

謎の漂着物


瀬戸内海のほぼ西の端の宇部。

沿岸部で釣りをする時に、目に付いた釣り人由来のゴミは、回収し持ち帰り処分する事にしてます.

ふと、釣り針の空袋を、拾おうとしますが

202002190.jpg

最近ビニール系ナイロン系、ペットボトルのポイ捨てゴミが減り目立つ様になったのは、

謎の筒状のプラスチック。

あっちにも

202002192.jpg

こっちにも

202002193.jpg

正体はこちらホームページで⇒ゆたいきさん

広島に近い周防大島でも問題になっているみたいです。

瀬戸内海のほぼ西の端の、宇部でもかなりの数を、確認できます。

回収し確認すると。

漂着してる物は、

202002195.jpg

長さは長い物で、20センチを確認できました。

太さは

202002196.jpg

13ミリ位。かなり肉厚であり、丈夫で硬く感じ、自然界で分解されるのは無理そうです。

私達 釣り人もかなり海を汚してますので、偉そうなことを言うことはできませんが。

自然界で分解される素材で、作る事が出来ないの?

環境保護素材の代替素材への取り組みは始まっているみたいですので、早急な解決を望みます。

お願いします。

中国地方釣行記ランキングに参加してます。↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村


中国地方釣行記ランキング



テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

十匹釣るまで帰りまテン。


2月7日

この時期には珍しい、微風の予報。仕事が終わり帰宅後、夕食を済ませて、支度し出撃してみました。

何を釣るか迷いましたが、数年ぶりの宇部港でのメバリングに挑戦してみる事に。

当日の暦は、大潮 満潮19時31分。

18時30分釣り開始。

20200208.jpg


予報通りの微風・・・ほぼ無風の状態。ライトリグをどの方向にもキャストできる・・・メバリング日和。

絶好の日和に、ただ釣るのは面白く無いので、お題をたてる事に。

十年前より魚影が薄くなったのではと思いながら、考えたあげく「十匹釣るまで帰りまテン」に

先ずは、昔、良型が良く釣れた、宇部港と川との水位調整の水路を数投やってみますが無反応。

ヘッドライトで照らし、この水路際を覗いて見ますが、昔は良く茂ってた海藻が、全く無くなってます。

これでは、魚は居ません

移動を考えましたが

今は、立ち入り禁止となった堤防際を、立ち入り禁止の外からキャストし狙ってみる事に。

底を取り、リトリーブ開始すると、心地良いアタリ。

サイズは、15センチ弱ですが、1匹目。

202002081.jpg

使用リグは、昔と全く同じ、メバル弾丸夜光に、ナイロン3ポンドを直結。ワームは、スクリューテール。

立ち入り禁止の堤防、岸から30メーター先には、常夜灯があるのですが、遠目ですが水面近くに魚影が確認できます。

其処まで仕掛けを投げる事ができませんが、手前の常夜灯の明暗部の表層を仕掛けを引いてみると、

小サイズですが、連発。

202002082.jpg

202002083.jpg

高活性ですが、サイズがイマイチ(汗)。 良型は、下の層に居るのでは。

再びボトムを攻めます。すると6匹目。サイズアップ
202002084.jpg

8匹目、更にサイズアップ。
202002086.jpg

その後もパタパタ釣れ。予想に反して、釣り開始から1時間近くで、目標を達成しますが。

まだ物足りず・・・「帰りまセン」。

次なる目標は、宇部港で20センチのメバルを釣るのは難題なので20センチアップに。その後、潮止まりでアタリも散発になり。

下げ潮が効き始めた20時前、少し離れた所に、タグボートが着岸すると。

アタリも無くなり。場所移動する事に。

次は、常夜灯の効いた、魚市場裏。

表層・中層を狙いますが、ショートバイトがあるのみ、ショートバイトの正体を知りたく。

ジグヘッドを、3グラム→2グラムに替え、アタリが明確になった所で、あわせると、

正体は、キーホルダーサイズのメバル 数匹追加し。

ジグヘッドも再び3グラムに替えボトム中心に狙いを変えます。

すると、着底後リトリーブを開始後、モゾモゾとした後にガッンと、

緩めに設定したドラグが出ます。

これは、20センチアップいったでしょうと思いながらヒキを楽しみあがってきたのは、

202002087.jpg

メバルはメバルでも、タケノコメバル

202002088.jpg

一応20センチアップ。

気温も下がり始めた、21時前納竿としました。

(釣果) メバル 7センチ~19センチ 16匹(リリース) タケノコメバル23センチ 1匹(リリース)

中国地方ブログランキングに参加してます。応援・画像ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村


中国地方釣行記ランキング

ダイワ 月下美人 76UL-S
標準全長(m):2.29 継数(本):2 仕舞(cm):119 自重(g):92 先径(mm):0.7 元径(mm):9.9 ルアー重量(g):0.5~5 ラインナイロン(lb.):2~5 カーボン含有率(%):84※掲載している商品の画像は代表画像を表示しています。また実物と色が違って見える場合があります。



オフト(OFT) ルアー OFTオリジナル ソルティースクリューテールグラブ 1.5インチ
















テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

UVライトの効果


前回の釣行から、悪天候や多忙で、釣りに行けない日々が続いて悶々としてます。

ショアからのヤリイカ釣り、Twitterのフォロワーさんからも、チラホラ釣果を聞きはじめたので。

ヤリイカ釣りに効果絶大の、UVライトの効果を検証してみました。

UVライト、千円前後で購入する事ができます。

202001300.jpg

今回は、剣先イカ釣りなどで使う、浮きスッテに、UVライトを照射してみます。

オーソドックスな、赤白の蛍光タイプの浮きスッテ。
202001304.jpg

UVライト照射前(暗闇)
202001305.jpg

UVライト照射後(暗闇)
202001306.jpg

ラメ入りの強蛍光タイプでは
202001301.jpg

UVライト照射前(暗闇)
202001302.jpg

UVライト照射後(暗闇)
202001303.jpg

気を付けたいのは、弱発光に位置する赤緑。警戒されている時に使用しますが
202001307.jpg

UVライト照射前(暗闇)
202001308.jpg

UVライト照射後(暗闇)
202001309.jpg

警戒される位発光してしまいました。

この度は、浮きスッテに照射し、かなりの発光を得られることが判りましたが、この発光の差で、他のアングラーに釣果で差をつけれるかも、是非試してみてください。

中国地方釣りブログランキングに参加してます。応援・画像↓ポチっとお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村


中国地方釣行記ランキング







テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ