FC2ブログ
山ちゃんの釣活日誌
ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。
ゴールデンミーン ライトポージーRR


GWで、釣りに行きたい所ですが、新型コロナの影響で、外出を自粛中。

例年、初夏からシーズンインするトップチニング。この際(STAY HOME)中に、トッププラグを操れるチニングロッドを、インターネットショップで探してみました。

最近のチニングのメゾットは、ボトム系ルアーが主流。市場も、ボトム系ルアーを操る喰い込みの良いティップ(ソリッドティップ)ロッドが大半で、トッププラグを操れる張りのあるティップ(チューブラーティップ)の商品を探す事が難しく。

候補は、
ダイワ シルバー ウルフ 73ML (スピニング)
メジャークラフト チヌロッド スピニング トリプルクロス クロダイチューブラーモデル TCX-T802ML黒鯛 など選択肢が少なく。

目にとまったのは、ゴールデンミーン ライトポージーシリーズ。張りのあるティップらしく、現物を握る事も無く、一か八かの賭けでポチってみました。

2日で商品が到着。

202005040.jpg

ライトポージーRR LPS-80RR  8ft Lure 3~14g Line 6~8lb(PE0.4 ~1.0号) 本体価格¥19,000(税別)

202005041.jpg

グリップ部はコルク製
202005043.jpg

リールシートは、Fuji製 VSSリールシート ダウンロック式
202005042.jpg

ガイドはFuji製Kガイド
202005044.jpg

ガイドリングは、ホームページではSICリングとなってましたが、現物はアルコナイトリングのタグが。せめてトップガイドだけでも、SICリングであって欲しいのですが・・・ハードロイリングでも磨り減る程使う事が無いので気にしませんが。
202005045.jpg

ガイドセッティングは、このような感じで
202005046.jpg

トップガイドは
202005047.jpg

ほぼ同じルアー負荷で、バチ抜け・大型メバル釣りなどで使用している daiwa 15ラテオ 86LLs-Q((左)と比べてみました。
202005048.jpg

202005049.jpg

トップ部は、左 ラテオは、ダイワ メガトップという特殊ソリッドティップで、かなり細く、しなやかで感度がよく。一方 右のライトポージーは、太く張りがありました。
2020050410.jpg

庭で、リールを装着し、竿を振ってみました。感触は、メインで使用する5グラムのポッパーには硬過ぎる様に感じますが。
2020050411.jpg
キャストフィーリングは、釣行時の楽しみにとって置きたいと思います。

 ライトポージーでのチヌ インプレはこちら↓色文字クリックでインプレへ。

    宇部トップチニング

   9月4日トップチニング

     早朝60分1本勝負?


ポチッとクリックお願いします↓
にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村


中国地方釣行記ランキング

ゴールデンミーン Light Porgy(ライトポージー) RR LPS-80RR
9月4日 トップチニング

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック