FC2ブログ

角島沖 落とし込み釣り






前回からの続きで、実釣編。9月5日 下関市角島近くから出港の遊漁船にお世話になりました。

午前6時に出港。

212110172 (1280x960)

前日のうねりが少し残っており、波高1~1.2メートルプラスうねり。

港から40分位走り、午前6時40分釣り開始です。

風の影響もあり、オモリは120号から始めてみます。

仕掛けは、前回のブログて取り上げた、HARI HIDE キツネ極太地 12号とシーガー16号を使用し作成した落とし込み仕掛け。

船長の餌付けの指示棚に仕掛けを通すだけで、この様に餌のイワシが付き、

202109291 (1280x960)


餌が付いたなら仕掛けを落とし、船長の指示に従いボトム付近で、フィッシュイーターのアタリを待ちます。

ファーストヒットは、船のトモにおられた方が、80センチちかい大鯛。

その頃から周りも、ぼちぼちアタリが出始めます。

私も、指示棚でイワシを付け落とし込み、待ちますと・・バタバタ・・プルっブルっと・・落とし込んだイワシが暴れだすと・・

すると、竿先が・・「コっゴっゴン」・・と、竿先が曲がり海中に、曲がり込みます。

身体全体を使った、大きな合わせを入れて、両手で竿を持ち、電動リールはフルドラグ、最速で巻き上げます。(完全に食い込むまで待ったり、柔い細い竿、番手のあって無いリールを使うと、小型青物でも走られ周囲の人に迷惑をかけます)

祭らずに上がって来たのは、70センチ位のヒラソ。

202110171 (1280x960)

満足のいくサイズでは無いのですが、とりあえず食卓用にキープ。

それからは、流し変える度に3~4人ハマチがヒットする感じで、船中お祭り騒ぎ(仕掛けも)

私も例外になく、ハマチがヒットします。

202110177 (1280x960)

この時期のハマチはまだの様で、リリースしようかと思いましたが、リリースすると群れが散る様ですので、船の生簀に入れる事に・・

魚がヒットする度にお祭り、仕掛けを解く時間も長くなります。そうこうしてる内に

午前10時、この頃になると餌のイワシの付きが悪くなり、少し船を走らせ移動します。

移動先でも、イワシの付きが悪く、なんとか鯵が付く程度に(潮加減が悪いのか?)

212110174 (1280x960)


そんな中

嬉しい外道、マトウ鯛(薄造りにして、紅葉おろしポン酢で頂くと絶品)

212110175 (1280x960)

ヨコスジフエダイ。

202110176 (1280x960)

餌付きが悪い時間が1時間程続いたでしょうか、再びイワシが針に付きだすと、再びハマチラッシュ・・

212110173 (1280x960)

数釣れば、大物と出会えるかと頑張りましたが、金太郎飴状態の同じサイズで・・・

午後1時頃に納竿となりました。

釣果 ヒラソ70センチ位 マトウ鯛 餌のイワシ。 ハマチ10匹位(船の生簀にリリース)ヨコスジフエダイ

202110178 (1280x960)

中国地方釣行記ブログランキングに参加してます。お願い致します↓の画像をポチっとクリック
にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村

by カエレバ


by カエレバ


by カエレバ


PVアクセスランキング にほんブログ村


中国地方釣行記ランキング


コメント

非公開コメント