FC2ブログ
山ちゃんの釣活日誌
ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。
河川ポッパーチニング 今シーズン最終戦?


宇部市真締川河口。

9月15日 大潮 最干潮 午前3時30分 北西の風2メートル

午前5時50分からの釣りとなります。干潮が午前3時30分という事で、潮がかなり上がってきてる状態。

なので、橋に近い、本命ポイントをいきなり狙います。

上げ潮が効き川上方向にルアーがながされ。、ポップアクションが、やり辛い状況。

角度を付けキャスト、上げ潮に逆らう事により、なんとかポップアクションをつける事ができます。

橋脚に近い、浅瀬で、「パスッ」っと、フッキングしたようで、慎重にタモIN。

201909281.jpg

使用ルアーは、今年当たりの、ヤマシタ(YAMASHITA) ポッパー ポップクイーン F50 50mm 5g  生シラス色字クリックで、商品へ。

サイズは、
201909282.jpg
35センチ弱位。

しばらくし、潮位が上がると、今年お馴染みの魚。
201909286.jpg

この魚を最後に、この日は納竿。

次の朝 9月16日 昨日と同じく宇部市真締川河口 暦、中潮の最干潮は午前4時。 北の風1メートル。

午前5時40分釣り開始しました。ローライトな状態なので、シーバスが居つく筋を狙いますが。

「パフッ」と、いつものヤツ。

201909287.jpg

潮時の関係から、今日もチャンスタイムは、短いので、本命ポイントへ。

昨日釣れた筋を、攻めると。 「パスッ」と

抜き上げかと迷いましたが、タモ出しでランディング。

201909283.jpg

30センチ弱。記録に残し、リリースしてると、チヌの捕食音。

少し川下に、ルアーを通すと、ルアーを追尾する追い波、ポーズをいれると。

「バスッ」っと、ルアーに襲いかかりました。

ドラグも滑り、サイズアップの感触。

201909284.jpg

サイズは、40センチ前後(サイズを測りたかったのですが、チヌのボイルが)

201909285.jpg

素早くリリースして、リーダーの傷を確認します。気になるキズがあったのですが、そのまま続行。

この日は活性が高いようで、同じ筋を通すと、水面爆発。

瞬間的に、ドラグが滑り、ラインが出され、ラインブレイク(涙)

ヤマシタ(YAMASHITA) ポッパー ポップクイーン F50 50mm 5g  生シラスもロスト

これを機に、今年の真締川ポッパーチニングを終了。今年はヤマシタ(YAMASHITA) ポッパー ポップクイーン F50 50mm 5g  生シラスでよく釣らせてもらいました。

にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村



人気ブログランキング




テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ

見島沖SLJ (9月8日見島釣行後編)


見島沖 泳がせ・飲ませ (9月8日見島釣行前編)の続き。(色文字タップで前編へ)

朝は、少しウネリが残ってましたが、この頃になると、無風のベタ凪。この海況だったら、千里ヶ瀬にも行けそうですが、

時刻はすでに午前11時。

見島沖で停船、 水深85メートル地点、アジの泳がせで釣り再開。

201909230.jpg

最初の流しでは、周りもアタリ無し。無風に、強い日差し、アタリ無しで、苦行の様相を呈してます。

皆が無言になる中、次の流しでは、アタリがありますが、ヒットまで至らず。

集中力が途切れかかったとき、またも。餌のアジを切り裂く様な鋭いアタリの後、竿に乗る重量感。

カウント開始

・・・・15・・・20・・・・を、過ぎると竿が絞り込まれフッキングした様でアワセ。

中深海用の硬いロッドなので、あまり曲がる事も無く上がってきたのは、

本日2枚目

201909231.jpg

の平目(1枚目とショットアングルが殆ど一緒ですが)

サイズは50センチ位、生簀に素早く入れ。

釣り再開しますが、それから2時間近くアタリ無し

午後2時頃になると、後ろの方が戦線離脱。片付けを始める方も、そのタイミングで、船の周囲の海面がキラキラしてる事に、気がつきます。

Tセンパイ・・・・「イワシじゃろう

ですが、イワシはフィシュイーターに追われる事も無く悠々と泳いでます(笑)

駄目元ですが

待ってましたよと、(先週の見島沖は、スマカツオのナブラがあった様で) 用意したライトキャスティングロッドを取り出し。

船の先端のバウデッキから、キャスト。

1投しますが、相変わらず、イワシは悠々と。フィシュイーターが、いれば中層のはず。

キャスティングロッドですが、マッチTHEベイトの今流行りのSLJ(スーパーライトジギング)をやってみる事に。

他の仲間の邪魔ならない様に、仕掛けの流れを計算し、反対方向にジグを投げいれ。

ジグを落とすのは中層まで、仲間の方向にジグが流れていきます。

焦って(汗)

リールのベールを返し、少し回収気味に巻き、1ピッチジャークを始めた瞬間。

「ドスン」とバイト。頭の中は、カツオで一杯ですが、

上がってきたのは、

201909233.jpg

肥えたハマチ。(嫁ぎ先から80センチ近くあったとの事)

201909232.jpg

jジグまる飲みで、流血してます。ヒットジグは

201909235.jpg

なかなか入手しにくい ダイワ (DAIWA) TGベイト 60g (タングステン メタルジグ ジギング) の、PHグリーンゴールド
(色文字で詳細) 噂通り釣れます。

この魚を最後に、午後2時納竿となりました。

本日の釣果 カサゴ35センチ 平目67センチ・50数センチ  ハマチ80センチ弱

お持ち帰りは、平目67センチのみ。(船中貧果なので他の魚は嫁いでいきました)

201909236.jpg

タックル 泳がせ (色文字タップで詳細)

(竿)  ダイワ(DAIWA) 19 ディープゾーン X 150-210
(リール)  ダイワ(Daiwa) レオブリッツ 500J
(メインライン) ゴーセン ジギング PE スクエア4 SQUARE4 300m 66lb 6号
(リーダー) ディーフロン 船ハリス 16号

タックル ライトキャスティング・SLJ (色文字タップで詳細)

(竿) テイルウォーク(tailwalk) ロッド SALTYSHAPE DASH OFFSHORE CAST 73ML
(リール) DAIWA 14 カルディア3520PE-H
(メインライン)サンライン ソルティメイト PEジガー ULT 4本組 PE 1.2号 20lb
(リーダー) ヤマトヨテグス(YAMATOYO) ライン フロロショックリーダー
(ジグ)ダイワ (DAIWA) TGベイト 60g (タングステン メタルジグ ジギング)

↓こちらポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ

宇部 ポッパーチニング


前回の釣行は、メッキに邪魔され、おチヌさまのお顔を拝めず。

リベンジの9月3日の釣行記。

その日は、ポッパーチニングに適した潮時なので、仕事前1時間勝負をしてみました。

宇部港の暦は、中潮 干潮は午前5時30分。予報では東の風2メートル。釣り場は、真締川河口。

今回は、水面にも風による波紋も無くトップチニングの条件は整ってます。

午前5時30分、川下より釣り上がり。

初ヒットは、「パフッ」っとチェイス。今年アタリのメッキかと思いましたが、可愛いキビレ。

201909203.jpg

今回の潮周りは、干満の差が大きく、遡上待ちの魚が溜まる場所は、かなり河口寄り。

午前6時、水深約1メートル、ヤマシタ(YAMASHITA) ポッパー ポップクイーン F50 50mm 5g 生シラスを、控えめなポップアクションで引いてきます。

すると 「バシュ」と チェイス。

フッキングしませんでしたが、移動距離を抑えたアクションを続けると、ルアーの後ろを大きな波紋が追尾してきます。

喰わせのタイミングを作るべく、ルアーを止めポーズ。

「バスッ」と水面が炸裂。

竿に魚の感触が伝わると同時に

水深が浅い為、横に走られ、ドラグが滑りあっという間にラインが、20メートル程出されます。

ランディングポイントは、水深50センチ、四苦八苦しながら何とかタモIN

201909200.jpg

引きから今期イチサイズのトップでのチヌかと思い、ワクワクしながら、メジャーで計ります。

201909201.jpg

残念ながら、今期最大サイズと同サイズ。素早くリリースし元気に帰って行くのを見届け。

サイズアップを狙い、先程と同じ筋にキャスト。

ルアーが着水すると同時に、「チュパ

捕食音から想像できましたが、鋭い引きではありませんが、図太く重量感のある引き。

上がってきたのは、予想通りのボラ。

201909202.jpg

タモ枠が60センチですので、60センチ以上あります。傷ついてるようでタモから出さずにやさしくリリース。

午前6時20分、タイマーがなりましたので、納竿としました。

餌?と思える程。ヤマシタ(YAMASHITA) ポッパー ポップクイーン F50 50mm 5g  生シラスよく釣れます。

ブログランキング参加しています。↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村






テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ

メッキ トップゲーム


8月22日の釣行記。

当日の宇部の暦は、中潮、最干潮は午前6時45分

午前5時30分からの仕事前1時間勝負。

狙いは、トップでチヌ。釣り場は、宇部市真締川河口。

201909070.jpg

河口部に近い川下から、攻めてみました。

ルアーは、ヤマシタ(YAMASHITA) ポッパー ポップクイーン F50 50mm 5g 生シラス

ルアーをキャスト、ルアーが水面に着水するだけで「パスッ」と、チェイス。

ヒットし上がってきたのは、お馴染みになったメッキ。

201909071.jpg

サイズは、15センチ弱位でしょうか。

当日は、活性が高く。ルアーの着水時からチェイスもあり。

201909072.jpg

201909073.jpg

201909074.jpg

201909075.jpg

あまりにも、メッキの活性が高く、本命のチヌの顔を見る事も出来ず、TIME UP

1時間の釣果 メッキ 20センチまで11匹(リリース)。

今日ほど活性が高ければ、アジングタックル、3インチのクリア系のワームで、表層を引くと釣れそう、違う意味で楽しめそうです。

↓ポチっとお願いします。ブログランキング参加してます。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

増税前にエギング用リールの買い替えを考えてます。

オススメ、高割引率 旧モデルリール。色文字、画像タップで商品詳細。

ダイワ リール '16セルテート 2506
更に防水・耐久性能、回転性能が向上■
「マグシールド」をメインシャフトとラインローラーに加え、「マグシールドボールベアリング」をドライブギア量軸に装備、防水・耐久性能は勿論、回転性能も向上。新型の超軽量エアローターは、従来のエアローターと比較し、強度はアップしながらも10%以上の軽量化を実現。回転初動は10%以上も軽くなり、感度も向上した。魚の引きに追従しながら、滑らかに効き続けるATD(オートマチックドラグシステム)を全サイズに搭載。そして、待望のヘビーデューティ(HD)モデルも登場。高剛性モノコックボディが回転性能と防水性能を飛躍的に向上した。

●巻き取り長さ(cm/ハンドル1回転):72
●ギア比:4.8
●自重(g):240
●最大ドラグ力(kg):3
●ナイロン糸巻量(lb-m):5-140/6-100
●PE糸巻量(号-m):0.8-130/1-100
●ペアリングボール/ローラー:10/1









ダイワ リール '17エクセラー 2506H-DH
遂にこのクラスでマグシールドの耐久性能を味わえる

使い始めの滑らかな回転性能を長期間維持するダイワ独自の防水・耐久テクノロジー「マグシールド」を筆頭に、魚の引きに追従して滑らかに効き続ける新世代ドラグ「ATD(オートマチックドラグシステム)」、スムーズな回転と巻き感度、先進的な外観で好評の「エアローター」、軽やかな回転をもたらすピニオンギヤBB支持構造、高剛性の「スーパーメタルボディ」など、上位機種の優れた要素を惜しみなく搭載。価格は抑えつつ、トラブルレスで快適に使えるリールがほしいというアングラーの要望に応えるハイバリューモデル。豊富なラインナップ。

巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):84
ギヤ比:5.6
標準自重(g):285
最大ドラグ力(kg):3
標準糸巻量 ナイロン(Lb-m):4-170/6-100
標準糸巻量 PE(号-m):1-100
ベアリング(ボール/ローラー):4/1
ハンドル長さ(mm):90
ハンドルノブ:Iシェイプ


テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ

見島沖泳がせ釣り・飲ませ (9月8日見島釣行前編





台風13号が朝鮮半島を過ぎ去り、台風15号が関東地方に接近した9月8日(日曜日)

ベタ凪なら、萩見島沖、八里ヶ瀬より更に沖の千里ヶ瀬に釣行予定でしたが

台風13号の余波で、ウネリが残ってるのではと、釣行を諦めてましたが

前日に連絡が、沖には行けないけど、出航出来そうだけどと言う事で

行ってきました

お世話になったのは、Tセンパイのチャーターの、奈古出港の真祐丸さん。

港に着いたのは、午前5時、車の外に出ると、風が結構あり突風も吹いてましたが

午前6時前、奈古港を出港します。

201909090.jpg

途中、用意してもらった、泳がせ釣り用の餌のアジを、受け取り

見島方向に1時間分位走り。午前7時20分釣り開始。

ですが・・・

台風接近で釣行を諦め、前日も家事が忙しく、用意した仕掛けは過去に作成した、ハリス8号の泳がせ仕掛けのみ

その旨をTセンパイに伝えると、「8号じゃあ漁礁に潜り込む根魚は獲れない」と

ハリス16号の仕掛けを頂きます。(いつもありがとうございます)

仕掛けに餌を付けます。餌となるアジは、10センチ~18センチ位

201909091.jpg

水深は95メートル位。

1流し目は、誰もアタリ無し。嫌な予感です。

次の流しでは、となりの大先輩に、40数センチの真ハタ。

周りも、ポツポツアタリが出ますが、フッキングまで至らず。活性が悪い状況。

私とミヨシの反対側の方は、アタリすら無く。

午前9時半、集中力も続かず、置き竿にすると案の定

根掛かり。ラインを手で手繰り、根掛かりを外します。簡単に外れ。リールを巻くと重量感。

根の海藻か岩が付いて上がってきたのかも・・・

上がってきたのは・・・

201909092.jpg

千里ヶ瀬用に用意した中深海用のニューロッドの鱗付けは、35センチのカサゴ。

201909093.jpg

次の流しでは、鋭いアタリが、すぐさまあわせると、抜け。

回収したアジには、鋭い歯型が・・・

「ヤツだ」・・・

素早くアジを、取替え仕掛けを入れます。

隣の大先輩にも、鋭いアタリ、直ぐあわせて抜けたようで、

船の流れから、抜けた獲物は私の前・・・すると・・・

私に鋭いアタリ・・・から竿に乗る重量感。

ヤツと確証をえたので。

40をカウントする事に。1・・8・・・18・・・26・・・32・・・竿に伝わる重量感と堪え性が無い私には、40は無理で・・・

あわせてしまいました(笑)

何とかしっかりとフッキングした様で、テンションが抜けない様に慎重に上げ、タモイン。

上がってきたのは67センチのヤツ(ヒラメ)

201909094.jpg

それからは、アタリも無くなり。海況も落ち着き。見島沖に向け1時間程走ります。

見島沖のポテンシャルは、こんな物では無いはず・・・後編に続く・・・

こちら↓ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

根魚、毒魚などの背びれなどの切断、キッチンハサミに、色文字、画像クリックで商品。
SK11 万能はさみ ロング SML-200
切断能力:アルミ1.0mm、鋼板0.5mm、トタン0.5mm
•切断目安:(プラ板)2.0mm、(皮革・ゴム板)5.0mm
•切断目安:(アルミ線)1.0mm、(針金)0.5mm、(電気コード)10mm
•刃部硬度:HRC52~54
•刃部:SUS420J2
•グリップ:TPR


市販では珍しい、魚締め具、色文字 画像で商品詳細↓
EXTREME 畠山研究所 〆具nanoショートタイプ カスタム仕様 神経締め

〆具は魚の脳〆が簡単で安全に素早く出来るツールです。

貫通力と強度を兼ね備えるため、刃先はナイフの様な特殊な形状になっています。
円錐状の物とは異なり、〆具を捻った時に魚の脳髄を効率的に破壊する事が出来、
しっかりと手になじむグリップと相まって、より確実に魚を〆る事が可能です。


ショートタイプは〆具nanoショートををベースに、シャフト系を細くした仕様です。
アジや黒ムツ、赤ムツ、カワハギ、メバルなど、小魚を綺麗に〆るための〆具です。

シャフトは細くとも、〆具のスタンダードシリーズと同様に、先端の独自形状で、
刺さりと、〆易さを両立しています。

釣り人以外にも、魚屋さん等にも使ってもらいたい〆具です。

短いシャフトで、手返し良く、大量の魚を〆る時に活躍します。

基本的な仕様は、グリップ幅50mm、全長115mmで、
シャフト系は3mm、4mm、5mm、6mmで製作いたします

オールステンレスで耐久性も抜群。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用