山ちゃんの釣活日誌ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。 

このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

← 前のページ  total 3 pages  次のページ →  

メジャークラフト 弾丸ブレイド

   ↑  2018/04/04 (水)  カテゴリー: 釣り
去年からショアでの釣りで、メインで使用しているPEライン、メジャークラフト 弾丸ブレイドをご紹介したいと思います。

4001.jpg

価格は、ネットで150m巻きが、1000円前後で、日本製

4002.jpg

強度は
        0.6号 12LB 0.8号 14LB 1号 18LB

私が使用するのは、10m間隔のマーカータイプ、単色タイプもあります。

4003.jpg

青、白、緑、赤、桃で、綺麗な着色が施されてます。

このPEラインの販売元の謳い文句は、

低伸度。

新技法による編みこみで、高感度。

ライン表面にコーティングを施すことによる、ライントラブルの低減。

4004.jpg


使ってみて

スピニングタックル 0.8号 ルアーシーバス釣りで、6ヶ月位使用しましたが、ルアーフッシングで付き物のモシャリ(バッククラシュ)
も、一度もなく扱い易い印象を受けました。強度は、80センチのシーバスまでは大丈夫。耐久性は現在検証中です。

この記事に含まれるタグ : 弾丸 ブレイド 

FC2スレッドテーマ : フィッシング (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-7.html

2018/04/04 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

炎月 フラットバクバク ヘッド

   ↑  2018/03/23 (金)  カテゴリー: 釣り
釣り博でも、シマノブースにも展示されてた、3月発売の炎月フラットバクバクを、気になったので購入し手にとってみた。

気になったキーワードは、「フォールタイラバ」 

価格は、ヘッドのみで、930~1240円(定価)

ウエイトは、60~180グラム

カラーは、6色 今回のカラーは 「ドチャート」 80グラム の画像となりました。

                      3325.jpg

手にして、他メーカーの鯛玉80グラムと比べると、1.5倍位外径があり、平べったく、いかにもフォール時間が、長そうです。

                      3328.jpg

新テクニック フォールタイラバとは、メーカーさんの紹介では
             3330.jpg    出典 シマノ

その他の特徴は、ワイドマウス(写真ではオレンジ色の部分)と言われる、仕掛けの通る開口部分
3326.jpg
3327.jpg

リトリーブ時は、ライン仕掛けは開口上部のポジションに、フォール時は開口下部に、仕掛けの角度をベストポジションに保つ事により、アタリが取り易くなるみたいです。

3329.jpg

新タイラバテクニック フォールタイラバ この炎月フラットバクバクで、試したいと思います。

FC2スレッドテーマ : フィッシング (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-6.html

2018/03/23 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

西日本釣り博 2018 気になる新製品

   ↑  2018/03/21 (水)  カテゴリー: 釣り
3月17.18日に、西日本総合展示場で開催された西日本釣り博2018に行ってきました。

先ずはシマノブースから

3211.jpg


シマノの気になった新製品は、DIALUNA (シーバスロッド)

3222.jpg

手に取ったのは

3213.jpg



S86L-S     ルアーウエイト 3ー21グラム ソリッドディプで感度よさそう。バチ抜け、キャロを使ってのロングキャストメバリングでもつかえそう。

S96-ML     ルアーウエイト 6-32グラム 普段良く使うクラス 他社の同クラスより軽く感じました。

次にZENITH

3215.jpg


気になってた、去年12月に発売された、オフショアジギングロッド ZEROSHIKI MACH Ⅲの各ラインナップの感触を確かめ

DAIWAのブース

丁度、みっぴと中井さんと郷原さんのトークライブが、盛り上がってました

3217.jpg


DAIWAでは、18カルディア

LT 2500    エギング、ライトシーバスで使うサイズ 14カルディア同サイズより30グラムの軽量化 持ち重り感が少なく、回転もなめらか

3214.jpg


LT6000 ドラグ値12㌔  PE3号300m巻ける サイズ 14カルディア4000サイズ (ドラグ値8㌔ PE3号250m)より40グラム軽くパワーハンドルも付いて、近海ジギングでも十分使えそうです。実際手にとって、軽さに驚きました。

3219.jpg

最後にがまかつ

3220.jpg

気になったのは、鱗はがし

実演をやられてました

3224.jpg

鱗が飛び散らず、欲しくなってしまいました。


西日本釣り博2018 今年は前回開催より、入場者数が多かったみたいなので、隔年開催とはいわず、毎年開催して欲しいものです。 

この記事に含まれるタグ : 18 カルディア 

FC2スレッドテーマ : フィッシング (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-5.html

2018/03/21 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハヤブサ ぐるくん

   ↑  2018/02/17 (土)  カテゴリー: 釣り
釣り友さんから教えてもらったサビキを紹介したいと思います。

船での、落とし込みで使用するサビキは、フラッシャーサビキで、ハリスは12号位から、魚探にベイトの反応が出てるのに、
フラッシャーサビキを落とし込んでも、近年ベイトが付かな事が多々ありました。

ハリスが太いのか?

フラッシャーが合わないのか?

落とし込みサビキは、12号より細い、ケイムラフラッシャーサビキは中々なく、

船用鯵サビキでは、太くてもハリス5号位まで、青物が掛かるのを考えると心細く、

いいのがあるよと 教えてもらったのは

ハヤブサ ぐるくん

021.jpg

値段は、400円弱。


針はグレ針で軸がしっかリしノサれることも無さそう

ケイムラスキンで、深場でもアピールしそう

グレ8号はハリス8号 幹糸10号 枝8センチの枝間25センチ 6本針

グレ10号はハリス10号 幹糸12号 枝8センチの枝間25センチ 6本針

実際に使用してみました。

019.jpg

ベイトの反応のある層で、1回でベイトの鯵が付き。

時化で海況が芳しくなく、フイシュイーターの反応はイマイチでしたが、ベイトの鰯、鯵は良くつれました。





この記事に含まれるタグ : ハヤブサ ぐるくん 

FC2スレッドテーマ : 釣り (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-4.html

2018/02/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ダミキ  闘魂ジグ BACK DROP

   ↑  2018/01/31 (水)  カテゴリー: 釣り
お気に入りのスロージグをご紹介します。

3323.jpg



価格は、160グラムで1600円前後

ダミキジャパン 闘魂ジグBACK DROP ウエイトは20~200グラムまであり。

私が使うのは、日本海側で水深60~90メーターで、130~200グラムを使用します。

使い方は、スロージグは、竿のティプでジグを操作するのですが、バックドロップは、ベリーからバットにジグの重みを乗せ、はじきジグを横にし、フォールで喰わせの間をつくります。わたしはロングフォール系の少し長いロッドを使い、フォールの時間が多くなる様に、心がけて使用してます。

私の使用する、ジグのカラーは。

オールシルバーグロー
3315.jpg


リアルイワシ
3316.jpg

平目スペシャル
3321.jpg

ピンクイワシ
3318.jpg

アカキン
3322.jpg

ゼブラグロー
3320.jpg

変わりダネは、ミドリアカキン 遊漁船で他のアングラーが釣れない中、このカラーだけが釣れた事も
3317.jpg


一番のお気に入りは リアルベイト カラー 鯵に似たカラー
3319.jpg




よく釣れます。

皆さんも是非使ってみてください。

この記事に含まれるタグ : ダミキ 闘魂ジグBACK DROP 

FC2スレッドテーマ : 釣り (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-3.html

2018/01/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |