FC2ブログ
 

山ちゃんの釣活日誌ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。 

このページの記事目次 (カテゴリー: 釣り

← 前のページ  total 5 pages  次のページ →  

初秋 宇部港シーバス調査

   ↑  2018/09/09 (日)  カテゴリー: 釣り
涼しくなってきましたので、宇部港にシーバス調査に行ってきました。

まずは、9月1日。貴重なお休みの日は、なぜか天候が崩れます(涙)

北部九州には、大雨警報、発雷警報出てる、午前5時半釣り開始

宇部港から見る、九州方面は黒い雲がかかり、雷がかなりの頻度で光り、落ちてますが。

宇部港は、風も強く無く、小雨の状態

宇部港出口ポイントにて、3投目に

キャストを終え、リールのベールを返そうとすると

ビリビリビリ

ラインより、手に微弱電流を感じ、思わず竿を放しそうになり、怖くなり納竿

家に着く頃には、雷も強くなり大雨に。


リベンジは、9月9日、日の出前から強い雨が降ってます

宇部港出口ポイント、このような雨の日に釣りをする釣りバカは、私だけと思いきや

先行者有り

風雨が有り、合羽を着て

隅で釣りをさせて下さいと、挨拶を交わし、午前6時前釣り開始。

しばらく釣りしますが、魚っ気がありません。

先行者も帰り、貸切で釣りができます

航路筋にキャストしますが

くしゃみがしたくなり、リールが巻けなく、ボトムへ

その瞬間ガッンと

くしゃみをした後にアワセ

ヒキからシーバスでは無く

宇部港では珍しい、40センチ近くある丸々としたESO

201809092.jpg

201809093.jpg

午前7時納竿

まだ水温が高いみたいで、ベイトの状況もイマイチでした。

FC2スレッドテーマ : 釣り (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-20.html

2018/09/09 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

キス不漁?

   ↑  2018/08/14 (火)  カテゴリー: 釣り
8月5日下関Cポイント 日の出前午前4時半~ 若潮の下げに向っての釣行となりました。

日の出時間は、午前5時15分 それまでアタリ無しで

このポイントは、日の出から1時間は、イージーに釣れるので、期待しますが

201808142.jpg
201808143.jpg

この日はイージーに釣らしてくれません

2本目~8本目までを、ランガンしながら探り、

午前6時すぎ、ゴールデンタイムも終わり頃、シモリ際で、なんとか初フィシュ

201808144.jpg

それからも、探り歩き2匹追加、日差しが強くなりましたので、午前7時納竿としました。

釣果 キス 16~18センチ 3匹

201808141.jpg

この時期のマズメに釣れないのは、異常事態。 猛暑での高水温が原因?潮、潮時が悪かったのか?スッキリしない釣行となりました。

FC2スレッドテーマ : 釣り (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-19.html

2018/08/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

下関~宇部 チョイ投げキス釣り

   ↑  2018/07/29 (日)  カテゴリー: 釣り
7月28日 今年3回目のチョイ投げキス釣りにいってきました。

下関Cポイント 

201807291.jpg

午前5時前 釣り開始

当日のこのポイントの潮時は、満潮午前8時過ぎ頃(大潮)

潮位が高い時は、足元まで波が上がりますので、午前7時までの釣りとなりそうです

鉄板の3本目ポイントから、数投しますが無反応

嫌~な予感が、手早く4~8本目ポイントを探りますが、80メーター沖でも切れ藻が仕掛けにからみ釣りになりません。

普段はやらない2本目ポイント、90メーター沖で

今日の初キスは、まずまずの18センチ

201807292.jpg

手早く同じポイントに投げ込むと、パタパタと釣れますが、活性が悪いみたいで、アタリも小さく。フッキングは口先とまり、
抜き上げ時にオートリリースも数回、いつもと違い、ピンギスも問題なくリリースできます。

キープサイズ6匹 ピンギス4匹(リリース) 釣った所で午前7時になり

潮位的には、まだ30分くらいはいけそうでしたが、2本目ポイントの反応が無くなりましたので

角のキス釣り師さんに挨拶し、場所移動

午前7時過ぎ、近くの港湾部で再開

ワンキャストワンヒットします

が、チャリコ

201807293.jpg

3投で終了、まだ餌が、残ってるので

満潮からの下げを狙おうと、宇部方面に移動。

午前8時過ぎ、宇部M漁港東側のサーフ

201807294.jpg

誘導灯の間を仕掛けをさびき

ひったくる様な、活性の良いアタリ。

リリースサイズでしたが、活性がよく仕掛けを飲み込んでます。

201807295.jpg

その後直ぐ、今日イチサイズ。

201807296.jpg

ピンギスを追加した所で、このポイントお決まりのフグの猛攻が始まり、仕掛けが切られ始めだしたので、午前9時納竿としました。

釣果 キス ~20センチまで 9匹

201807297.jpg




FC2スレッドテーマ : フィッシング (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-18.html

2018/07/29 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

萩 落とし込み 

   ↑  2018/07/23 (月)  カテゴリー: 釣り
7月22日 ブロ友 うしわかさんにお世話になり、オフショア釣行してきました

全国的にも、例年に無い酷暑、果たして釣りになるのか?

午前5時半 うしわかさんと岡さんと三人で、SHIZUKIマリーナを出港。

201807231.jpg

相島沖を目指します。


相島沖を過ぎた辺りから、南西の風を強く感じ、ウネリは無いものの、海面は白波を立て。


午前6時過ぎ、釣り開始。


先ずは、ジギング。


が、魚探のベイトの映りが濃く、落とし込みでもイケるよという事で、


落とし込みに変更。幹12号のサビキで開始


魚探の反応の濃い層に落とし込みますが、ベイトは付かず


落とし込み仕掛けがあってないのか?


サビキにベイトが付く大部分は仕掛けの落下時なので、落下スピードが合ってないのか?


思考錯誤して、素早くベイトの濃い層まで落とし、濃い層では、リールをサミングし落下スピードを押さえることに。


それからは、簡単にベイトが付く様になり


その頃から日差しも強く暑くなりますが、風が強くて和らぐので、苦になりませんが、沈黙、苦の釣りに。


その後、数回アタリがありましたが、あわせるとすっぽ抜け


針が小さ過ぎるのか?


ベイトの反応がよいので


幹14号サビキの針の大きい物に変更する事に


ベイトの付きは変わる事もなく、落とし込み着底から少し巻き上げた所で、ベイトが暴れだし、ガッンと


あわせを入れフッキングの感触を確かめ、少し巻き上げた所で、フッと軽くなりフックアウト


が、まだベイトが付いてる感触を感じたので、


再び落としこんでみると、落下中にガッンと再び


今回は優しくあわせ。


今回の、タックルでは殆どドラグも出ることも無く楽々と上がります、大型根魚かサゴシと予想してましたが


上がってきたのは、嬉しい赤いヤツ

201807233.jpg

その後、マトウ鯛を追加,ベイトは鯖子

201807234.jpg

しばらくベイトの付きは良かったのですが、フィッシュイーターのアタリも無く

ポイント移動し、ジギりますが、岡さんにヒラソが上がったのみ

正午前納竿。

本日の釣果

マダイ60センチ マトウ鯛

201807232.jpg

使用タックル

20180723.jpg


竿 プロックス ブルーランナー 80-210

リール ダイワ レオブリッツ500j

メインライン PE5号 4ブレイド

リーダー ナイロン16号

サビキ ハヤブサ ぐるくん  幹糸12号
    ハヤブサ 喰わせサビキ 落とし込みスペシャル 幹糸14号 

錘 70号











FC2スレッドテーマ : フィッシング (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-17.html

2018/07/23 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アルファータックル FUNETATSU ヤリイカ190

   ↑  2018/07/12 (木)  カテゴリー: 釣り
宇部港の三平ブログから続く 安竿紹介シリーズ

夜炊きイカ連結仕掛けで仕様で、軽い竿を探してた所

ネットショッピングにてぽちった、アルファータックル FUNETATSU ヤリイカ190が届きました。

2018071203.jpg

全長 190cm 継数 2本 錘負荷 100~150号

2018071204.jpg

8:2調子で、今まで使ってた7:3調子の竿よりあたりが取りやすそうです

錘100号での竿の曲がり具合

20180712.jpg

錘150号での竿の曲がり具合

2018071201.jpg

穂先は視認性がよい、白地にオレンジの糸巻き

2018071202.jpg

ガイドは信頼のFuji製

2018071205.jpg

リールシートは、アルファータックルオリジナルのトリガータイプに、カバーナットはFuji製になってました。

2018071206.jpg

今年はなかなか夜炊きイカに行くことが出来ませんが、使用感をインプレできれば。

FC2スレッドテーマ : フィッシング (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-16.html

2018/07/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |