FC2ブログ
山ちゃんの釣活日誌
ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。
見島沖泳がせ釣り・飲ませ (9月8日見島釣行前編





台風13号が朝鮮半島を過ぎ去り、台風15号が関東地方に接近した9月8日(日曜日)

ベタ凪なら、萩見島沖、八里ヶ瀬より更に沖の千里ヶ瀬に釣行予定でしたが

台風13号の余波で、ウネリが残ってるのではと、釣行を諦めてましたが

前日に連絡が、沖には行けないけど、出航出来そうだけどと言う事で

行ってきました

お世話になったのは、Tセンパイのチャーターの、奈古出港の真祐丸さん。

港に着いたのは、午前5時、車の外に出ると、風が結構あり突風も吹いてましたが

午前6時前、奈古港を出港します。

201909090.jpg

途中、用意してもらった、泳がせ釣り用の餌のアジを、受け取り

見島方向に1時間分位走り。午前7時20分釣り開始。

ですが・・・

台風接近で釣行を諦め、前日も家事が忙しく、用意した仕掛けは過去に作成した、ハリス8号の泳がせ仕掛けのみ

その旨をTセンパイに伝えると、「8号じゃあ漁礁に潜り込む根魚は獲れない」と

ハリス16号の仕掛けを頂きます。(いつもありがとうございます)

仕掛けに餌を付けます。餌となるアジは、10センチ~18センチ位

201909091.jpg

水深は95メートル位。

1流し目は、誰もアタリ無し。嫌な予感です。

次の流しでは、となりの大先輩に、40数センチの真ハタ。

周りも、ポツポツアタリが出ますが、フッキングまで至らず。活性が悪い状況。

私とミヨシの反対側の方は、アタリすら無く。

午前9時半、集中力も続かず、置き竿にすると案の定

根掛かり。ラインを手で手繰り、根掛かりを外します。簡単に外れ。リールを巻くと重量感。

根の海藻か岩が付いて上がってきたのかも・・・

上がってきたのは・・・

201909092.jpg

千里ヶ瀬用に用意した中深海用のニューロッドの鱗付けは、35センチのカサゴ。

201909093.jpg

次の流しでは、鋭いアタリが、すぐさまあわせると、抜け。

回収したアジには、鋭い歯型が・・・

「ヤツだ」・・・

素早くアジを、取替え仕掛けを入れます。

隣の大先輩にも、鋭いアタリ、直ぐあわせて抜けたようで、

船の流れから、抜けた獲物は私の前・・・すると・・・

私に鋭いアタリ・・・から竿に乗る重量感。

ヤツと確証をえたので。

40をカウントする事に。1・・8・・・18・・・26・・・32・・・竿に伝わる重量感と堪え性が無い私には、40は無理で・・・

あわせてしまいました(笑)

何とかしっかりとフッキングした様で、テンションが抜けない様に慎重に上げ、タモイン。

上がってきたのは67センチのヤツ(ヒラメ)

201909094.jpg

それからは、アタリも無くなり。海況も落ち着き。見島沖に向け1時間程走ります。

見島沖のポテンシャルは、こんな物では無いはず・・・後編に続く・・・

こちら↓ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

根魚、毒魚などの背びれなどの切断、キッチンハサミに、色文字、画像クリックで商品。
SK11 万能はさみ ロング SML-200
切断能力:アルミ1.0mm、鋼板0.5mm、トタン0.5mm
•切断目安:(プラ板)2.0mm、(皮革・ゴム板)5.0mm
•切断目安:(アルミ線)1.0mm、(針金)0.5mm、(電気コード)10mm
•刃部硬度:HRC52~54
•刃部:SUS420J2
•グリップ:TPR


市販では珍しい、魚締め具、色文字 画像で商品詳細↓
EXTREME 畠山研究所 〆具nanoショートタイプ カスタム仕様 神経締め

〆具は魚の脳〆が簡単で安全に素早く出来るツールです。

貫通力と強度を兼ね備えるため、刃先はナイフの様な特殊な形状になっています。
円錐状の物とは異なり、〆具を捻った時に魚の脳髄を効率的に破壊する事が出来、
しっかりと手になじむグリップと相まって、より確実に魚を〆る事が可能です。


ショートタイプは〆具nanoショートををベースに、シャフト系を細くした仕様です。
アジや黒ムツ、赤ムツ、カワハギ、メバルなど、小魚を綺麗に〆るための〆具です。

シャフトは細くとも、〆具のスタンダードシリーズと同様に、先端の独自形状で、
刺さりと、〆易さを両立しています。

釣り人以外にも、魚屋さん等にも使ってもらいたい〆具です。

短いシャフトで、手返し良く、大量の魚を〆る時に活躍します。

基本的な仕様は、グリップ幅50mm、全長115mmで、
シャフト系は3mm、4mm、5mm、6mmで製作いたします

オールステンレスで耐久性も抜群。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック