FC2ブログ
山ちゃんの釣活日誌
ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。
売ってなければ塗ってしまえ


久しぶりのお休みも用事が山積み、釣りに行くこともできません

ネタがないので、

前回のオフショアジギングの準備での出来事を、あげてみました。

釣行前の情報で、ジグは間八ジグのアカキンが反応が良いとの事。

早速、近所の釣具屋さんに向かいますが、間八ジグのアカキンカラーは、当然、売り切れです。

売ってなければ・・・・・塗ってしまえでしょう

塗ってしまったのは、1~2回使用の、間八HAOLI、間八HAOLI スリム&ロング どちらもカラーは、マグマホロシルバー。

201906091.jpg

先ずは、中性洗剤で洗い、洗剤も水で流し落とし。ほこり塵などが付かない様に、天日にあて良く乾かします。

良く乾かした後は、下地作り。

GSIクレオス Mr.メタルプライマー改 スプレー 100ml ホビー用 B504 (色文字クリックで商品詳細)

上記のメタルプライマー、スプレー式なので換気に気をつけて、ジグにムラが出来ない様に、適度に塗り。

塗り終えれば、再び半日位、乾燥させます。

良く乾燥させた後は、塗装。塗装工具は、鯛玉塗装で使用したエアーブラシセット■エアブラシ0.2mm(ダブルアクション)+ミニエアーコンプレッサー+アートブラシ■ プラモデルなど(色文字クリックで商品詳細)。

201906092.jpg

使用するのは、

Mr.カラー C75 メタリックレッド(色文字クリックで詳細) クリアーイエロー

GSIクレオス Mr.うすめ液 大 250ml T103    カラーの溶剤として使用

Mr.ツールクリーナー 改 GSIクレオス T113   エアブラシの洗浄剤として使用

まずは、ミスターカラーのメタリックレッド
201906093.jpg

カラーを少量、小さい器に移して、うすめ液で適度に希釈。(うすめの方が、エアブラシのトラブルが少ない)

できたカラーを、エアブラシのタンクに移し

ジグのエッジの部分を、塗装します。

201906094.jpg

エッジの部分の塗装したら、再び良く乾かします。

よく乾かした後は、

201906095.jpg

クリアーイエローを、全体にムラが出ないように、何回も塗り重ねます。(重ねれば塗装強度が増します)

201906096.jpg

塗り終えたら、再び乾燥。

最後に、東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX 130ml(色文字クリックで詳細)で、ジグの塗装をコーティング(写真を撮り忘れ)

この時期では、完全に乾燥するのに半日位かかります。

201906090.jpg

何度も、コーティングと乾燥を繰り返し。

出来上がり

201906097.jpg


かなり手間が掛かりましたが、上出来

ブログランキング参加してます↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する