山ちゃんの釣活日誌ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。 

このページの記事目次 ( ← 2018年06月 → )

宇部エギング

   ↑  2018/06/09 (土)  カテゴリー: 釣り
梅雨の合間の晴れ、微風。釣り師(釣り依存症)としては、行かないといけないでしょう

午前9時まで時間が出来ましたので、短時間勝負。

まずは、M漁港モンゴウ実績ポイントに行ってみると、先行者があり、諦めて移動

ET漁港に行ってみるも、皆考えることは同じ、アオリ狙いのエギンガーがいっぱいで

WT漁港のモンゴウ実績ポイントが空いていたので、午前5時過ぎエギング開始

201806091.jpg

最初は、WT漁港ではアオリは殆ど釣れないのですが、アオリでもとアマモの濃い方角からスタート、4~5投するも無反応で

モンゴウのよく釣れる方角へキャスト。

テンションフォールで着底をまってると、モゾっとしたあたり、鬼あわせすると、ただ重いだけ

根がかり?

タコ?

ラインを半分程巻いた所で、釣られた事にきづいたみたいでジェット噴射。

時間をかけ、引きを楽しみ

タモイン

201806094.jpg

午前5時30分納竿としました。

(タックル)

竿 アブガルシア エギシス 862MH

リール 11カルディア 2506H

メインライン メジャークラフト弾丸ブレイド PE0.6号

リーダー ユニチカ エギングリーダーⅡ 2号

エギ ヨーヅリ アオリQ3.5号 紫系

201806093.jpg

この時期には珍しい、小型のモンゴウさんでした。

201806092.jpg





FC2スレッドテーマ : フィッシング (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-14.html

2018/06/09 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

下関CNK (ちょい投げキス)

   ↑  2018/06/02 (土)  カテゴリー: 釣り
急遽仕事がお休みになったので、いってきました。

前回坊主をくらった下関Cポイント、前回釣行から2週間、状況が変わってくれればと

下関の釣時 干潮5時10分 最干潮からの上げの釣りとなりました

201806023.jpg

午前6時前、釣り場に下りると、角ポイントにモノホンキス釣り師

挨拶しようと思いましたが、本気オーラが漂って、私は避けるように

まずは、離れた 実績の3本目周辺から

下関側に移動しながら3投目、丁度3本目ポイントで、午前6時8分

今期初キッス

2018065024.jpg

15センチ位、キープし

同じポイントを狙ってみますが、スレたのか後が続かず。

下関側に、移動しながら、ピンキスを追加し、素早く釣れたポイントに投げこみますが、反応無し。

さらに移動し

5本目を過ぎると、沖合い80メートルくらいに、シモリがあります。そのシモリを過ぎた辺りで

午前7時過ぎ キープサイズ追加

201806022.jpg

午前8時 更に6本目のポイント、80メーターのシモリ上で、ガッンとひっつたくるあたり

手ごたえアリで、チーバスかふぐかと思ってましたが、上がってきたのは、良型キス

201806025.jpg

この頃から、キスのあたりが少なくなりましたので、午前9時前納竿としました。

帰り際に、モノホンキス釣り師さんに挨拶しましたが、釣果は8匹くらいという事でした。

本日の釣果 キス ~23センチまで8匹(状態のよいピンキス3匹 リリース)

201806021.jpg

まだ、キスの魚影が濃いとは、感じられませんでしたが。少し状態が上向いていると感じられた釣行となりました。


FC2スレッドテーマ : フィッシング (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-13.html

2018/06/02 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |