山ちゃんの釣活日誌ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。 

このページの記事目次 ( ← 2018年01月 → )

ダミキ  闘魂ジグ BACK DROP

   ↑  2018/01/31 (水)  カテゴリー: 釣り
お気に入りのスロージグをご紹介します。

3323.jpg



価格は、160グラムで1600円前後

ダミキジャパン 闘魂ジグBACK DROP ウエイトは20~200グラムまであり。

私が使うのは、日本海側で水深60~90メーターで、130~200グラムを使用します。

使い方は、スロージグは、竿のティプでジグを操作するのですが、バックドロップは、ベリーからバットにジグの重みを乗せ、はじきジグを横にし、フォールで喰わせの間をつくります。わたしはロングフォール系の少し長いロッドを使い、フォールの時間が多くなる様に、心がけて使用してます。

私の使用する、ジグのカラーは。

オールシルバーグロー
3315.jpg


リアルイワシ
3316.jpg

平目スペシャル
3321.jpg

ピンクイワシ
3318.jpg

アカキン
3322.jpg

ゼブラグロー
3320.jpg

変わりダネは、ミドリアカキン 遊漁船で他のアングラーが釣れない中、このカラーだけが釣れた事も
3317.jpg


一番のお気に入りは リアルベイト カラー 鯵に似たカラー
3319.jpg




よく釣れます。

皆さんも是非使ってみてください。

この記事に含まれるタグ : ダミキ 闘魂ジグBACK DROP 

FC2スレッドテーマ : 釣り (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-3.html

2018/01/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

プロックス 攻棚カウンターワカサギ(シャロー)

   ↑  2018/01/19 (金)  カテゴリー: 釣り
ワカサギ釣り、例年年メバリングタックルでのぞんでるのですが、釣果を上げたく、機械式カウンターリールを買ってみました。

プロックス 攻棚カウンターワカサギ(シャロー)

オープン価格は、1700円前後でしょうか

3310.jpg


・最大巻き量 (ナイロン フロロ) 1号/80M 1.5号/65M  2号/50M

・最低計測 10センチ

・お勧め糸巻き量 1号/50M

購入時は 1号/50M が巻いてあります。

3311.jpg

3312.jpg


巻いてみると

ルールの巻き音 かなり大きく静かな湖畔では目立ちそうですが、正逆のクッラッツチの入れ具合で解消しそうな感じで。

ワカサギ釣りの際は

このリールでワカサギの居る棚を狙いうち、実戦インプレできれば。

FC2スレッドテーマ : フィッシング (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-2.html

2018/01/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2018年 魔界の誘惑?

   ↑  2018/01/15 (月)  カテゴリー: 釣り
3313.jpg

3314.jpg


魔界にて、2018年大手釣具メーカーのカタログを、もらってきました。

ざっと目を通して、気になった商品は

ダイワ

カルディア (スピニングリール)
18モデルはLTモデルになって登場。剛性が気になるところ。

RYOUGA (ベイトリール)
前モデルより進化?タイラバで使ってみたい一品。

レイジー (シーバスロッド)
ラテオとシーバスハンターXの間に位置するモデル。ラインナップも多く使ってみたく。

パワーキャスト (投げ竿)
投げ竿の並継竿は、高価ですが。リーズナブルな値段設定。これなら手が届くかも。



シマノ

STRADIC SW (スピニングリール)
パワーハンドルを装備し、ショア、オフショアジギングで使えそう。

PLAYS4000 (電動リール)
HAGANEボディの採用で、ハードに釣行にも耐えそう。

DIALUNA (シーバスロッド)
前モデルより14%の軽量化。

フラットバクバク (タイラバヘッド)
シマノのルアー、ネーミングが微妙ですが、フォールでアクションするみたい。気になります。

カタログを見てると欲しい物が一杯、手に入れてインプレ釣行できれば。

FC2スレッドテーマ : フィッシング (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://segodon2018.jp/blog-entry-1.html

2018/01/15 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |