FC2ブログ
山ちゃんの釣活日誌
ショア、オフショア釣行記。フィッシングツールをインプレします。
DAIWA 18カルディア2500S-XH 歴代カルディアと比べてみた
久しぶりのお休みも生憎の雨模様で、釣行を断念

先日購入した 18カルディア 2500S-XHと、2500番サイズ 4代目・5代目カルディアと比べてみました。
201903101.jpg

4代目カルディア 2506H (11カルディア
201903102.jpg

2011年に発売され、ZAIONという特殊合金ボディー、アルミスプールにより既存のモデル大幅な軽量化され、MAGSEALED、エアーローターなどが搭載。2500番サイズは、重量225グラム、最大ドラグ値は7キロ、現在のスピニングリールには無い、美しいシルバーのボディで、ファンが多く未使用品はネットで高値で取引されています。(私は現在もエギングで使用させてもらってます)

5代目カルディア 2508H (14カルディア
201903103.jpg

2014年に発売され、MAGSEALED,前作から採用されたZAIONボディに、エアーローターで、前作より更に軽量化。2500番サイズでは、重量220グラム、最大ドラグ値は7キロ。このモデルから、UTD(アルティメットトーナメントドラグ)という、ドラグ効き初めの食いつきを抑え、滑らかのドラグ放出させる機能が搭載され、実釣性能も上がりました。

6代目カルディア 2500S-XH (18カルディア)
201903104.jpg

去年発売され、LT(軽量&タフコンサプト)モデル、2500番サイズは重量は190グラム、最大ドラグ値は10キロと、前作と比べると大幅な軽量化、ドラグ値も上がってます。ドラグシステムはATD(オートマチックドラグ)搭載。LC-ARB(ロングキャストARB)という遠投性能のアップしたスプール、もちろんMAGSEALED。

201903106.jpg

前モデル14カルディア(下)と比べると、無駄な肉がとれ、1廻り小さく感じます。
201903107.jpg

ハンドルもかなり細く(下 11カルディア アルミカットハンドル)
201903108.jpg

18カルディアを手にとり
201903105.jpg

歴代モデルと比べることにより、DAIWAの技術の進化、名機カルディアの変化を感じることができます。

こちら↓ぽちっとお願いします
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


ネットショピングでは

 Yショピング
【エントリーでポイント10倍】【目玉商品】ダイワ 18 カルディア (LT2500-XH)(2018モデル)


Amazonでは
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 2500 カルディア(2018) LT2500S-XH


キャスティングでは
ダイワ 18カルディア LT2500S-XH(スピニング) 10800円お買い上げで送料・代引き手数料無料




テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

西日本釣り博 2018 気になる新製品
3月17.18日に、西日本総合展示場で開催された西日本釣り博2018に行ってきました。

先ずはシマノブースから

3211.jpg


シマノの気になった新製品は、DIALUNA (シーバスロッド)

3222.jpg

手に取ったのは

3213.jpg



S86L-S     ルアーウエイト 3ー21グラム ソリッドディプで感度よさそう。バチ抜け、キャロを使ってのロングキャストメバリングでもつかえそう。

S96-ML     ルアーウエイト 6-32グラム 普段良く使うクラス 他社の同クラスより軽く感じました。

次にZENITH

3215.jpg


気になってた、去年12月に発売された、オフショアジギングロッド ZEROSHIKI MACH Ⅲの各ラインナップの感触を確かめ

DAIWAのブース

丁度、みっぴと中井さんと郷原さんのトークライブが、盛り上がってました

3217.jpg


DAIWAでは、18カルディア

LT 2500    エギング、ライトシーバスで使うサイズ 14カルディア同サイズより30グラムの軽量化 持ち重り感が少なく、回転もなめらか

3214.jpg


LT6000 ドラグ値12㌔  PE3号300m巻ける サイズ 14カルディア4000サイズ (ドラグ値8㌔ PE3号250m)より40グラム軽くパワーハンドルも付いて、近海ジギングでも十分使えそうです。実際手にとって、軽さに驚きました。

3219.jpg

最後にがまかつ

3220.jpg

気になったのは、鱗はがし

実演をやられてました

3224.jpg

鱗が飛び散らず、欲しくなってしまいました。


西日本釣り博2018 今年は前回開催より、入場者数が多かったみたいなので、隔年開催とはいわず、毎年開催して欲しいものです。 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用